製本

動画:製本

製本部門では、丁合・バインダー・三方断裁・トライオート・梱包までの製本ラインを全自動化し、一括生産を行っています。
また、乱丁や落丁防止のカメラセンサーや計量センサー(ウエイトチェッカー)を導入し、品質管理の向上に努めています。


印刷会社 丁合機
同一建物内にある印刷会社と折り加工会社で刷本作成。 丁合機で、刷本をページ順に揃え、1冊の本にまとめる。
乱丁防止カメラ ミーリング
乱丁防止対策としてカメラセンサーを導入。
表紙付け ウェイトチェッカー
糊が浸透したところに背と表紙を貼り付ける。 不良本発生防止策としてウェイトチェッカーを導入。
三方断裁機 トライオート 自動書籍梱包機
三方断裁機により綴じた背表紙以外の部分を切り、本の断面を揃える。 トライオートのラインに送られカバー、帯掛け、及び売上カードなどを入れ込む。 こうしてできあがった書籍は、自動書籍梱包機で結束・梱包され、運輸部を通じて販売会社や自社倉庫に出庫される。